ホーム > 兵庫の自然 >

兵庫の自然
ツキノワグマによる人身事故をなくすために
県ではパンフレットを作成し、主にクマの生息地にあたる地域の方々を中心にお配りしています。
生息地への入山者に対しても、注意していただく必要があるためご参考までに掲載します

クマの生息地

日本にはヒグマとツキノワグマの2種類がいますが、 兵庫県に生息しているのはツキノワグマで、県内の分布地域は大きく2つに分けられます。

東中国地域個体群
兵庫県最高峰の氷ノ山(ひょうのせん)を中心に、
鳥取県・岡山県にかけて広がる氷ノ山山系の分布地域です。

近畿北部地域個体群(の端)
兵庫県北東部と京都府にかけての
床ノ尾山(とこのおさん)・江笠山(えがさやま)山系の分布地域です。 

生息地イメージ図
ただし、近年、”異常出没”(本来の生息地でない場所に出没すること)が見られるので、 生息地以外の地域でも注意が必要です。

人身事故を起こさないために気をつけること
人身事故を起こさないためには、クマに出会わないように行動することが一番大切です。
人間側がクマの生態をしっかり頭に入れておけば、突然出会ったり、 クマの側から近づいてくることを未然に防ぐことができます。
  特に次のことをしっかり守りましょう。
ア. 音のなるものを身につけよう!
クマは耳が良く、人間がクマを見つけるよりも先に、こちらの存在を察知して、その場から遠ざかります。
クマに出会わないために複数人で話をしながら、あるいは鈴・ラジオなど音の鳴るものを携帯するように、心掛けましょう。農林作業やハイキング、山菜採り等で山林に入るときは、とくに注意して下さい。
イ. 山野にゴミを捨てない
ジュースの空き缶1個でも、一度人間の食べ物の味を覚えたクマは、危険を被っても人間の食べ物を求めて人里にやって くる傾向があります。ゴミはひとつ残らず持ち帰りましょう。
とくに、冬眠前の秋は食べ物を求めて活発に活動し、民家の庭木(カキなど実のなる木)までやってくることがあります。実を付けたまま放置しておくことは、クマを誘引することになりますので、早めに収穫するなど、里にクマの来ない環境を地域ぐるみでつくることが大切です。
ウ. それでも出会ってしまったときは・・・・・・
クマを驚かせないことが大切です。驚いたクマは自己防衛のために襲ってくることがあります。
クマの動きを見ながら、ゆっくりと後ずさりして立ち去るようにして下さい。
荷物などもっていれば、その場に置いてクマの気をそらしてやるのも効果的です。
季節ごとの行動
 
 春: 冬眠から目覚める(4月上旬)。
山菜などを食べる(5月ごろ)。

※山菜取りなど山に入った人間と出会う危険性大。

 夏:
     
   
繁殖(交尾)をする(6〜7月)。
※このころクマの行動域が広くなる。
 秋: 冬眠準備のため木の実・果樹などのエサを探し回る(9月〜11月)。
※エサを求めて人里近くまで降りてくることあり(クリ・カキの木等)。

 冬: 穴の空いた木や、木の根本に穴を掘り、冬眠する(12月中・下旬)。
※一部のメスは冬眠中に1〜2頭出産する。
クマの生態特性
◆クマの五感は総じて人間よりも優れている。
◆成獣の体長(鼻先から尾までの長さ)は約1mで、体重は70kg前後のものが多い。
◆大柄で鈍そうに見えるが、山の中では人間よりも俊敏。
◆夜明け前、夕暮れ時など薄暗い時間帯に行動することが多い。
お願い
子グマに注意!
子グマのそばには必ず母グマがいます。
子育て中の母グマは非常に神経質になっているので、子グマだけしか見えなくても、決して近づかないで下さい
クマを見かけたら.
お近くの町役場(市役所)又は県の県民局環境課まで詳しい情報をお寄せ下さい
出没地等の情報は、今後の対策のための貴重な資料として活用します。
クマの足跡
 
ページの先頭に戻る